さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
アッブサイド・ダウン・トマト
以前出したエッセイ『アイラブヌーヨーク』に登場したこともある
ヌーヨーク在住の“泥酔ハウス”メンバー、ケルビから面白い写真が届いた。

ケルビが最近野菜作りにはまっている
という噂は聞いてはいたのだが
もともと凝り性だった彼のことだから
タダですむはずもない。

で、庭がこんなんなっているのだという。
ギャーーー!!!
なんじゃこりゃ!!!



わかります?
これ、プランターの底に穴をあけて育てる、
その名もUpside down tomato。
「逆さ吊りトマト」というやつらしい。

アップサイディヤウ〜ン
リピートアフターミー?
アッブサイディヤウ〜ン

逆さ吊りだぜアップサイディヤウ〜ン

トマトはひょろひょろと上に伸びていくので
通常は支柱で支えるわけだが
このやり方は風に弱い。
私も異常な荒れ模様だったこの夏は
何度となくトマトをなぎ倒された。

しか〜し!
アッブサイディヤウ〜ンにすれば、棒で支えなくてもいいし
トマトも重力と戦わなくてすむし、おまけに収穫もかんたん。
虫もつきにくいし、栄養の循環もいいらしい。

さらに、プランターの上面では別の野菜も植えられるときたもんだ!

ちなみにプランターの下はこうなっている↓


伸び放題にもほどがあるね。。。
ケルピいわく、ミニトマトのほうがうまくいくかも、という話。

いやあ〜〜〜
こんなおもろい栽培方法があったとは!!
おもろいこと考えつくなあ〜アメリカ人。

ちなみにアメリカではこんなグッズも売ってるらしい。

The upside down tomato garden
8000円払って誰が買うんだろう。。。

とにかくケルビから栽培法を教わったので、来年はぜひ試したい!!
他にもできないかな、このやり方。
メロンとか?

| 赤メガネ | トマト様 | 21:20 | comments(2) | - | - | - |

一番上へ