さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
<< いのちはしぶとい | main | 我が家の殿堂入り >>
ぼやぼやしてたら野菜においていかれるから
「ブログは書きたくなった時に書く」と
もっぱら気まぐれブロガーを標榜しておりますが

そんなゆーちょーなこと言ってられませんよアータ。
ぼんやりしてると野菜がじゃんじゃか育っちまって
完全においてけぼりの今日この頃。

他のベランダーのみなさまのまめな更新を眺めて
「ほうほう、立派に育っておられる・・・」
と目を細めているバヤイじゃないのです。

負けずに、ちゃんと記録していかねばです。
コマンドS!コマンドS!でがんばっていきます。


そんなこんなで、トマトがぼちぼち赤らんでまいりました。

こちらはデルモンテの中玉トマト、
リトルサマーキッス。
培養土バージュョンです。

中玉は初めて植えましたが、
なんか、ちょうどいいサイズですね。

こちらも、同じくリトルサマーキッス。
連呼すると恥ずかしくなる名前だと今気づきました。
(しかもキスじゃなくて「キッス」だもんな)

培養土と同じ日に苗を買った、こちらは永田バージョン。

この他に大玉のホーム桃太郎と3本を植えてますが
この永田トマトがいちばん大きく伸びてます。

というわけで、今年のトマト初収穫♪

せっかくなので、土と永田を比べてみることにしました。

左が培養土トマト、右が永田トマト。
永田のほうが若干大きくて、色も濃いめかな?

切ってみました。
左が培養土、右が永田。

やはり永田トマトのほうが、
ジュースも多くて種も多いですね。

そのまま何もつけずに食べてみました。

・・・あれ・・・培養土のほうがおいしい(笑)

永田トマトはやわらかくてジューシーなんですが
どっちかというとすっぱくて味が薄め。

一方の培養土トマトは、小粒ですが
果肉が新鮮なイクラのような歯ごたえで
味がしっかりしてて、ほのかな甘みも。

まあね〜わからんでもないよ〜

だってここのところ雨続きで
本来は水分コントロールしなきゃいけない永田農法なのに
完全雨ざらしだから土がずっと濡れていて
まったく液肥をあげてないんだもんなー。

そら、甘くなりませんて冷や汗

今日は真夏日。
ぼちぼち本腰入れて世話せねばと
気を引き締めた金曜であります。
| 赤メガネ | トマト様 | 17:33 | comments(3) | - | - | - |
トマトの収穫の季節がやってきましたよね。
我が家でもプチトマト収穫をぼちぼちはじめています。
ハサミをザルを持ってベランダに出向く収穫のときはなんだか幸せを感じる一瞬です。

赤メガネさんところの中玉トマトたち。見事な赤さで素敵です。びっくりしたのは培養土と永田農法のトマトの内部の違いです。こんなに変わるのですね。
味は培養土の方が良かったようですが、永田農法に対して興味がとてもわきました。
私も一度チャレンジしてみたいです。
| monksiiru | 2008/07/05 6:13 PM |

そうなんですよねぇ〜。
ゆっくり更新したいと思っても、
一応、毎日一回は植物を見に行って、
何か変化があったら写真撮るから、
やっぱり、その日の内にアップしなきゃならなくなる。
だからって写真撮らないわけにはいかないしね。

まぁ、変化があったり収穫があったりすると
楽しいから仕方ないですけどね。(^_^)

トマト、美味しそぉ〜。
我が家のは、もう一息って感じです。
| NAO | 2008/07/05 10:25 PM |

>>monksiiruさん
この季節は毎日何かしら収穫ができるので
ベランダに出るのが楽しいですよね♪

しかしmonksiiruさんち、すごく生長よくないですか?
つけた梅酒関係もおいしそー。。。!
うちもがんばらねばー。

>>NAOさん
ここのところ、写真だけ撮って
ストックだけがどんどん増えてました(笑)

そのうちそのうち、と思ってると
いざって時に思い出せないんで
去年までの反省をこめて、今年はがんばって記録していこうかと。

でもNAOさんちはメンバーが多いから
写真撮るだけでも大変ですよね(^^;)
| 赤メガネ | 2008/07/06 9:03 AM |











一番上へ