さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
<< 箱入り娘がおてつきに | main | チーム沖縄 >>
トマト大戦
先日、パスタの歴史を調べる機会がありました。
パスタといえばトマト、イタリアンといえばトマト
というイメージがあったのですが

実はトマトが食材として使われるようになったのって
17世紀以降のことで、けっこう歴史が浅いんですね。
知りませんでした。

今みたいな4本フォークができたのも16世紀頃で
それまではスパゲティは手づかみで食べてたらしいですよ。

そんなこんなで、

トマトです。

毎年夏にはゴーヤとトマトを必ず植えるのですが
今年はいつも植えてるデルモンテのミニトマト苗がなかったので
リトルサマーキッスという中玉トマトと、
一度は試してみたかった、ホーム桃太郎にチャレンジ。

ホントは友達がやっているアップサイドダウントマト
ためしてみたい気持ちもあったんですが
なんせボロアパート暮らし。
こんな重いもの吊したら、屋根がくずれそうなので断念。


さらに、同じリトルサマーキッスを
永田農法でも育ててみることに。

秋冬では惨敗だった永田農法ですし
誰に聞いても「やっぱり永田より土のほうがよくできる」
というのではありますが
永田といえばトマト。やはり一度はやってみねば。

というわけで、培養土vs永田の実験です。
3つとも同じ5月5日に定植しました。
しかし。。。


1カ月たった今朝のベランダです。
左手前からリトルサマーキッス、桃太郎、
奥が永田トマト。

永田のほうがだんぜん育っています。
実のほうも既に倍ほどの差が。

しかし、どうもこれって永田だ土だのレベルじゃなくて
プランターで2つの苗を育てていることに敗因がある気が。。。
どうも土のほうは全体的に覇気がない感じです。
やっぱ大玉トマトは中玉、ミニトマトより栄養食うんでしょうか?

永田のほうも水分のコントロールが要なのに
野天ベランダの我が家では多すぎる雨に翻弄されており
まったくもって水分コントロールができちょりません。

あれ? どっちもダメ?

何はともあれ、ゴーヤも順調にのびてきて
にぎやかになってきた夏のベランダ。
毎日出るのが楽しみであります。

| 赤メガネ | トマト様 | 09:17 | comments(3) | - | - | - |
はじめまして。
チャッピーさんのところからやってきました。

私もトマトを植えたいのですが、我が家はベランダが狭くて無理なのです。
(狭い所に5人分の洗濯物も干さなくてはならないの〜;)

遠くから? 立派なトマトが育つことを祈ってます(笑)


以前のゴーヤ爆発の記事うけました。
| hacchi | 2008/06/12 10:27 PM |

>>hacchiさん
はじめまして。コメントありがとうございます♪
ベランダを何に使うか、優先順位って悩みますよね(^^;)

ゴーヤってかなりわらかす野菜なんですよ。
ぜひ機会があったら日よけにお育てくださいませ(笑)

ちなみにhacchiさんのコリアンダーはいかがですか?
うちはどうも発育が悪く、ひょろひょろしています〜。
| 赤メガネ | 2008/06/14 9:41 AM |

コリアンダーは終了してしまいました。(爆)
また経過はブログにUPしますので覗きに来て下さい。
| hacchi | 2008/06/15 7:49 PM |











一番上へ