さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
<< それはまるで大家族のごとく | main | バジル・目ぼうき・幸運花 >>
野菜は人を幸せにするだろうか
ここ1週間は寝に帰っているような状態で
気が付いたら永田春菊が!

枯れてしまいました・・・
あうう。

なんだろう。何が悪かったんだろう。
でも普通の土に植えた春菊もひょろひょろだから
根本的な何かってことなんだろうけど

再チャレンジには時期が遅すぎるので
来年の楽しみにしたいと思います。
合掌。

しかし、それに比べて・・・

発芽しすぎじゃないのか、キミたちは・・・

まるでスプラウト状態ですよ。さくらんぼ。
さくらんぼっつっても二十日大根なんですけどね。
赤くなる種類らしいですけどね。
大根にさくらんぼって名前つけるのもどうかって話ですね。

とにかく、しばらくはさんらんぼで一献いくとしましょうか。

************************

野菜を育てていると、たいていの人は
ロハスとか、エコロジーという言葉と結びつける。
「ロハスって感じですねー」なんて言われると
正直、戸惑ってしまう。

なぜなら私は、ロハスとか癒しとかって言葉が嫌いだから。
嫌いというのは語弊があるな、
好き嫌いというより、違和感というか、
何か生理的な拒否反応のようなもの。

いい人と思われるのって、なんかシャクにさわるんだよなあ〜。
ま、一言で言えばへそ曲がりです。

私はただただ何かを育てて、せいいっぱい育てて
それを食べるのが好きなのだ。
好きなものは眺めたり、かわいがるだけじゃ嫌で
もっとどっぷりと、体の一部になるように愛したい。

でも、先日の畑の帰りにばったり友達に会ったんだよね。
その子は最近とても元気がなくて、
消え入りそうに元気がなくて、
大丈夫かなってずっと心配してた。

でも、私ができるのは彼女の話を聞くことだけで。
なんとなく、その日とってきた野菜を「はい」ってあげたんだ。
ホント、その場の思いつきで。
重いから持って帰ってよ、なんてノリで。

そしたら、まだ土がついたままの大根を手にした彼女が
パッと顔を明るくして、その日一番の笑顔で

「もぎたての野菜って、なんか、元気出るね」

ってつぶやいたんだ。

思いつきの畑訪問の後、ばったり会った友達を
なんだか知らないけどちょっとだけ元気にできた。
それだけで、今日畑に行ってよかったなって、
思いながら夜、野菜を食べた。

その日はとても幸せだった。
| 赤メガネ | 育つか?永田農法 | 09:14 | comments(2) | - | - | - |
こんばんは(^-^*)/

私もロハスとか聞くと虫唾が走ります。
どんなことでも、おしゃれに演出して商売にしようとしちゃってね。

そのお友達は、あまり良い一日を過ごせなかったのかもしれないけど、赤メガネさんに大根もらったことがその日の「良い出来事」になったんだね。
そういう小さな幸せって、すごい大事だと思う。

今日の記事とても共感しました。
コメント&リンクありがとう。
私もリンクさせてもらいます。
又来ます。
-~)ノ~~ ジャネ

| ヒナ | 2007/12/16 1:02 AM |

>>ヒナさん
おいでいただきありがとうございます〜。
東京ベランダーとして、お互いおいしい野菜作りましょう♪

彼女を元気づけられたかどうかはわかんないんですが
その時、彼女が笑ってくれたのが
私はなんだか妙に嬉しくってねえ。
なんなんでしょうかね、この気持ち。

ヤダあたしったら結局いい人だわ?(笑)
| 赤メガネ | 2007/12/16 12:27 PM |











一番上へ