さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
<< 春菊エクスペリメント | main | 枯れていくわたし >>
男の攻防
わたくし本当に何も考えずに走り出してしまうタイプなので
永田農法について、ほとんど知らないままスタートさせちまい、
みなさまのコメントを読んで
「え、そんなにむずかしいの・・・」
と今さら焦りはじめ、あわてて栽培方法を調べてしまいましたよ。

その話はまた別の機会にして。
最近、会う人会う人に
「キャベツ、そんなに青虫出るんだあ〜」
と言われるのです。

出ます。

でも、寒くなってきたので、かなり減りましたよ。
ピンセット片手にバトルを繰り広げた朝の攻防も
今週あたりは収穫?ゼロの日もちらほら。



ま、でもこんな有様ですけどね。およよ

しかし、No.2の男「しずはま1号」(キャベツ厩舎)が
自らの体を投げ出している間に・・・



No.1のセニョール(ブロッコリー厩舎)が
いつのまにかつぼみを作っておりました。

第三コーナー回ってセニョールきた、
セニョールきた、セニョールだセニョール!
すごい刺し足だセニョール!

やはり最後に強いのは
ラテン系だあ〜〜〜〜〜!!!!!


そんなこんなで、激しい男の攻防はまだまだ続く。
ナイフとフォーク持って、ゴールでお待ちしております。
| 赤メガネ | ブロッコリーだよセニョリータ | 10:42 | comments(6) | - | - | - |
赤メガネ先輩質問です!

ピンセットで取った青虫は、その後どうしてるんですか?
そのピンセットに力を込めて…とか
想像してはゾゾ〜っとしてます。
オマエならどうする?と聞かれれば(取ったことないけど)
3Fのベランダから下に投げる!(1Fは駐車場)かな…。

あと、全然関係ない質問ですけど、なんでコメント送信しようとすると
ヘンテコな数字を入れろと言われるのか?
数字はちゃんと見えてるけど見えてない人もいるのか?
心の貧しい人には見えないとか?
この仕組み、他でも時折見かけては「何だろな〜」と疑問視しています。
無知ですみません。
この後、数字を入力するmomokoより。
| momoko | 2007/11/30 11:33 AM |

>>momokoさん
答えその1。
大きな声では言えませんが・・・

ベランダから1階に捨ててます(笑)
最初は袋に入れて捨ててたんですが、あまりに数が多いので
面倒くささと憎しみから、つい。

そういえば先日とある菜園ブログを見てたんですが
ものすごいラブリーな内容にたじろいでいたところ
「ほら、こんなにとれちゃいました♪」
とコップ一杯のあおむしをアップで・・・・

答えその2。
ほんとーーにすいません。
私も毎回コメントいただくと、申し訳ない気持ちでいっぱいです〜。
毎回しち面倒くさい思いをして投稿してくださって
ありがたいことです、はい。

設定でどうにか取れないもんかと思ったんですが、ムリでした・・・

たぶん文字のくずれとか文字化けとかの防止だとは思うんですけど
今時こんなのもうやってませんよね〜。
申し訳ないっす。
というわけで私も数字入力。
| 赤メガネ | 2007/12/01 10:44 AM |

数字入力って、いたずら書き込み防止のためじゃないっすかね?
画面に表示された画像(数字)を数字に変換して入力するっていうのは人間にしかできないことだから、迷惑書き込みマシーンから怪しげなURLやらHなコメントを書かれずにすむんじゃないかと。
もし間違ってたらごめんあそばせ。
| チャキ | 2007/12/04 11:12 AM |

>>チャキさん
おお、そういうことだったのですね!
確かにスパムゼロでございます、このブログ。

しかし、スパムのために皆さまにひと手間お願いするのも
なかなか心苦しい気がするものですわ・・
| 赤メガネ | 2007/12/04 12:07 PM |

はっはぁ〜!!
今頃ここを見るバカもの。
楽しみにしているくせに!
虫の処刑は同じ(1Fへ落とす)だったので安心しました←コラ〜
数字書き込みは、チャキさん、なるほど!
「っかぁ〜!!!」とヒザを叩いて納得。
いえ、全然面倒じゃないんです。面白がっているくらいなんですが
何だろう?と疑問が残っていたので。でもよーくわかりました。
ありがとうございました。スッキリッ
| momoko | 2007/12/04 3:39 PM |

>>momokoさん
さすがに寒くなったので、12月に入ってめっきり少なくなりましたが
油断していたら結球の内側に入ろうとするキャツを発見し、
すぐさま処刑実行いたたところです。

チャキさんのおかげでお互いスッキリしましたね。うふ。

| 赤メガネ | 2007/12/04 9:31 PM |











一番上へ