さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
<< サイバーとアナログと | main | 男の攻防 >>
春菊エクスペリメント

連休の間に、永田農法の実験スタート。
春菊は11月でも大丈夫と聞いたので、
春菊のタネでやってみることに。

たなかさんの「しっかり育つよ!ベランダ農法」では
100均で売っている不織布のだしパックを使って
育苗実験をしているのだが、
ちょうどきれていたので、プラスチックポットで代用。

土は底に日向土の大粒、上に小粒の2層に。
違いがわかるように、普通の培養を同じ日に植えてみた。
こうやって並べると、ぜんぜん違う土だというのがよくわかるね。

日向土は「水に沈む軽石」と言われているようで
ごつごつとした外見を裏切って、手に持つととても軽い。
これで本当に育つのかなあ〜と不安になるくらい。

それより心配なのは、シショーが私の使っている培養土を見て
「その土、あんまりよくない感じね」
と連絡をくれたこと。

そして、先行して先月植えた春菊のタネが
いまだに芽吹いてないこと。

そもそも芽、でないんじゃね?(爆)

| 赤メガネ | 育つか?永田農法 | 07:57 | comments(0) | - | - | - |










一番上へ