さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
<< 季節はずれの小さな実 | main | 朝の王冠 >>
南国ビタミン摂取準備

「これ、あげるからねー」と
引越前にシショーから届いたシークワーサーの写真。

この植木が3ヶ月後には・・・


こうなりました。
どんだけ暴れん坊なのアンタ?

こうまでスクスクと育たれると
ああそうかそうよね、土に還りたいのねアンタ〜としみじみ思う。

庭があればねえ、アンタも立派な木になるんだろうけどねえ。
しょせんアタイはベランダーなの、ここいらで我慢しておくれ。
言うこときかないと、枝ぶった斬ってやるわよっ。



いっそ目の前の幼稚園の校庭に植樹するべきか?
と一瞬思ったりしたが
ガキどもにこの南国のすっぱおいしい実の価値はわかるまい。
やはり我が家へ置いておこう。

いただいた時は、スズナリについていたシークワーサーの実。
うちのベランダで大きな鉢に植え替えた途端
ぼろぼろと実が落ちまくり、今やわずか10個が残るのみ。

でも実っただけでもありがたい。
夏に毎日アオムシと壮絶な闘いを繰り広げ、
なんとかサバイブした貴重の実だもの。

なじみの沖縄料理屋でも
「東京でシークワーサーができるなんて知らなかった〜」
と驚かれたので、できただけできっとラッキー。

実がやわらかくなってきたので、そろそろ収穫です。
わずか10個の実をどう使うか、悩むところだが
何はともあれ、まずは泡盛のシークワーサー割りっしょ!
| 赤メガネ | シークワーサーさぁ | 10:31 | comments(2) | - | - | - |
オーストラリアのMARIKOです。さみしい女は野菜を作る!その言葉、ぐさり来ました。自分では家族に囲まれていて、さみしくなんて思っているけれど、きっと、どこかで、さみしいんだろうなって、へんてこりんな確認をしました。実際、毎朝、起きて、野菜に話し掛けると、すごーく幸せになります。今度、仕事で、ベランダガーデンのためのアイデアを日本に持っていく予定。さみしい女さん、その際は、ぜひ使ってみてください。いえ、まだ先の話ですけれど。
| M | 2010/03/25 10:19 AM |

>>Mさん
はじめまして、コメントありがとうございます!
留守にしていてお返事遅くなりました。。。
ベランダガーデンのためのアイデアですか〜
気になりますね。その際はぜひ!
| 赤メガネ | 2010/03/30 8:25 AM |











一番上へ