さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
<< 赤いは甘い | main | 青いタネの秘密 >>
フラワーガール

知らないうちに、シソに花がついてました。
ごま粒ぐらいの、小さな小さな白い花がスズナリに。
シソの花、初めて見た。

考えてみれば当たり前なんだが
野菜を作っていて、花が咲くと不思議な気持ちになる。
だって、普段は実しかお世話にならないからさ。

あのゴツゴツしたゴーヤだって、
実からは想像できないくらい、
黄色い可憐な花を咲かせるんだ。

*******

ベランダーの愛読書、雑誌『Planted』最新号が発売になりました。

今回は60's特集だけれども(ヒッピーといや植物だよね)
大麻が石油の代替エネルギーとして最近注目されている、
という話がとても興味深かった。

バイオ燃料のおかけで野菜が高くなっている、というのは
なんだかおかしな話だなあと思っているのだけど
大麻がバイオ燃料として認められて
そこらじゅうに大麻畑ができる日が来たりするのかな。
(燃料用の大麻ではトリップできないらしいが)


ところでその『Planted』には毎号花の種がついている。

紙面にぺったりと貼り付けてある、厚紙のカードの端に種が入っていて
そのままカードごと土に植えればOK、という簡単な仕組み。

創刊号はかすみ草。
2号はワイルドストロベリー。
3号は金魚草。
4号はアスター。

自慢じゃないが、ぜんぶ枯れた。。。
栽培が簡単な種が入ってるだろうに、なぜだあ〜〜〜!!

花を咲かせる栄養と、実が大きくなる栄養は違うらしいが
我が家は花には向かない土なんだろうか?

花がない女。
うっ悲しすぎる・・・・

最新号のペチュニアの種を手に、
これを植えるべきかどうか迷う今日この頃である。
(これが枯れたら立ち直れん)
| 赤メガネ | - | 09:50 | comments(0) | - | - | - |










一番上へ