さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
<< 赤い誘惑2012 | main | 夏の終わりに夏来たる! >>
箸さえ割れない女のサマータイムブルース

サマタイムブルース、サマータイムブルース、

つーぎーの波やって来たら

サマタイムブルース、もういちどう〜、

駆け〜出〜す〜よ、は〜だしのままで♪

 

 

懐かしいサマーチューンで始まりました、

スローライフでもスローフードでもないけど更新だけはスローな

夏女・赤メガネでございます。赤メガネは夏には暑苦しいです。

 

というわけで暑中お見舞い申し上げます。

6月から酷暑が続いた地獄の2011年ほどではありませんが

今年はなんだか妙に湿気が多い気がしますね。

じめじめ、じっとりは静かに人を蝕みます。

 

蝕まれたといえば、我が家の夏野菜であります。


どよーん。

 

キュウリ「うどんこつよし」で開幕したはずの、夏の収穫シーズン。

ところが、つよしがぐったりし始めたと思ったら

追従するはずのゴーヤも唐辛子もシークワーサーも

ひょろっひょろのぱさっぱさのしおっしおに。

 

トマトがなんとかふんばっているという惨憺たるありさまで

こんな時期にゴーヤをスーパーで買うという屈辱……。

無念…


まあ、それでもまだ育っているだけよしとする。

きわだって調子が悪いのが、水耕トマト陣です。


ぐったり。

 

順調に育っていたはずのペットボトル水耕トマト、

2週間ほど前から一斉にしおれ始め、

水もあまり吸い上げなくなっていました。

これはいったいどうしたことか??

 

そんな折、私の水耕栽培のシショー、というか

容器作りから肥料調達からおんぶにだっこの

菜園仲間Naomiさんから

 

「暑くなって水切れが激しくなってきたんじゃなーい?

トロ箱工作するなら手伝おうか〜(^^)/」

 

まぶしいっ。

なにこれ神の光?

 

トロ箱工作というのは、これです。


photo by Naomi。拝借しました。まあきれい。

 

現在、2リットルペットの下半分を

液肥入れにして栽培していますが、

これでは真夏はしのげないということで

Naomiさんが教えてくれたのが、

発泡スチロールのトロ箱をくりぬいた大型液肥入れ。

 

しかし、なにしろぶきっちょ&ズボラな私としては

この工作はかなりハードルが高く。

「面倒だなーああ面倒だ面倒だ」

と、ズルズル先延ばしにしていたのでした。

 

これも神のおぼしめし!

畑仕事の後、Naomiさんとダンナのキキさんを

「ビールとつまみがいっぱいあるよ〜♪」と巧妙におびき寄せ

工作ついでにトマトの様子をみてもらおうと思ったのでした。

 

しかーし。

「ビールビール♪」とウキウキでやってきたNaomiさんは

我が家の水耕トマトをひとめ見るなり、表情が一変。

 

葉っぱという葉っぱをチェックし、

ひょろひょろの茎を入念に調べ、

最後に鉢を持ち上げて根っこを見て、

くるっと私のほうに顔を向け

 

N「赤メガネちゃん、今すぐホームセンターへ行こう!」

 

赤「えっ、あっ、どどどどうしたの」

 

N「たぶん葉っぱがサビダニにやられているよ。

  早くクスリまかないと、元気なトマトまでやられちゃうかも。

  コロマイトを買いに行こう。今すぐ!」

 

赤「はっ、はい。トロ箱の工作は後でいい…?」

 

N「工作っていうかね、

 そもそもトマトがダメ


 

はいダメ出しドーーーン

 

Naomiさんいわく、私の作ったペットボトル水耕栽培キットは

穴やスリットが小さすぎて根っこが出てこられず

ぎゅうぎゅうの根づまり状態になっているとのこと。

 

だから根っこが伸びることができなくて、

茎ばっかり伸びて自立できない

もやしっ子トマトになっているのでした。

弱っているところにサビダニにやられ、もはや瀕死の状態。

 

というわけで、早速ホームセンターでコロマイトを購入、

水で薄めて全トマトに葉面散布。By Naomi

 

それから、水切れが激しいトマト苗を2株選び出し、

ペットボトルの鉢にキリなどで穴を目打ち。By Naomi

 

さらに、給水フェルトを通しているスリットを

ハサミで切って根っこが出られるように工作。By  Naomi

 

ここでようやくトロ箱登場。

移植するトマト苗の鉢の大きさに合わせて

フタを発泡スチロールカッターでカット。By Naomi & 赤メ

 

キリでペットボトル鉢に穴を開け

結束バンドを通し、割り箸を通す。By Naomi

こうすると割り箸がフックになって

鉢がトロ箱の中に落ちなくてすむ。Idea By Naomi

 

トマトを一時移動させて、

トロ箱スペースを確保。By キキさん

 

鉢をトロ箱の穴にはめて、トマトを移植し、
誘引紐を結び直す。by サノア & キキさん & Naomi

 

トロ箱水耕キットの完成〜。

 

上記でおわかりのように、

作業はほとんどNaomiさんとキキさんがやってくれたのでした。

トロ箱工作でスチロールカッターを切ったりはしたけども

それもNaomiさんにがっちり誘導してもらって

私はただカッターを持ってるだけ、というぶきっちょぶり。

 

テキパキと作業進める2人を前に、おろおろするばかりの私。

優しいNaomiさん、見かねて私に

「じゃあ割り箸割ってくれる?」とニッコリ。

 

「はっ、はい!」

はりきって割り箸バキッ

 


見事に割り口ガッタガタ……


というわけで、

とんでもない大手術を終えたにも関わらず

 

「たぶん液肥も変えたほうがいいよ。

元気がない時は液肥を変えるのが一番。

今度持ってくるから、試してみてネ♪

トマト祭りができるようにがんばって(^_^)v」

 

と2人は爽やかな笑顔で帰宅されたのでした。

 

ああああああ

ごめんようごめんよう

畑仕事の後で疲れているというのに

人んちで何をやらせてるんだあ〜〜〜〜!!

 

と凹む私にむかって

たまたま我が家で一部始終を見ていた友人サノアが

 

「キミはつくづく

ワールドワイドなズボラだね」

 

クックックッと笑いながら

傷口に塩ぬりたくってくれたのでした。

 

*

 

後日談。

 

ただの水で1週間置いていたところ

Naomiさんが調整してくれたトロ箱トマトは

白くて元気な根っこがビッシリ出てきました。


茶色が古い根っこ。白いのが1週間で出てきた根っこ。

 

ああ、きゅうくつだったんだね

ホントごめんねごめんね、

と、根っこに向かって平謝り。

 

そんなろくでなしのサマータイムブルース。

「そもそもトマトがダメな赤メガネ、

今回のこと書くならイラスト描かせろ」

ということでサノアツコ画伯の

イラストつきでお送りしました。



***********

渡部美里「サマータイムブルース」はこちらをどうぞ。



てか、今はどう考えてもこっちだろ!という諸兄には

「日本の原発は安全です」

さっぱりわかんねえ、根拠がねえ!

RCサクセション「サマータイムブルース」


| 赤メガネ | にっくにっくハイドロポニック | 22:10 | comments(9) | - | - | - |
エディ・コクランかブライアン・セッツァーかと…
水耕…なれてないから仕方ないッスよ?
畑栽培やベランダ栽培も日々ハウツーですし〜
とりあえず植えればなんとかOKな土耕とは勝手が違いますもん…

めげてないなら、頑張って極めるしかないです…失敗も勉強です?←水耕に興味ある人も勉強になったと思いますよ〜

サラリーマン赤めがね殿頑張れ〜?&トマト達も?

我が家のアイコは順次収穫してますが…シシトウ軍団が本調子ではないです?
プリンスメロンが、小さく生っているので楽しみ〜?
| ちえ | 2012/07/29 11:30 PM |

げげっ!あの後、こんなに根っこ出てきたの?!
すげー。(笑)
何と言う生命力…ってか、忍耐力!
あの状態でも逞しく育つトマトは、エライ。(爆)

あのね。抜けてます。

>>鉢をトロ箱の穴にはめて、トマトを移植。
の部分ですが、正しくは、

「鉢をトロ箱の穴にはめて、トマトを移植し、誘引紐を結び直す。」by サノア & キキさん & Naomi

となります。急ぎではございませんが、修正をお願いいたします。(爆)

トマトたち、ちゃんとキレイに育ってくると良いねぇ〜 (⌒-⌒)

P.S.
あのゴーヤの神様は…何者?!


| Naomi | 2012/07/30 10:21 PM |

あーひょっとしてひょっとしてうちも同じ現象かも..ちょっと寒いぐらいの日が続いた後あたりからトマトが大きくならん!赤くならん!で成長が止まった感じがします。先日、風の強い日にあの小さい茶色の箱の上にある緑のふたごと倒れた時に見た根っこはびっしりだったーせまいのかな?私もトロ箱作ってみようかな?無理か?トロ箱キット売ってないかね?
| naru | 2012/07/30 10:55 PM |

絵が上手くなってるのでどうしたのかと?最初に思いました。(笑)

我が家の地植えトマトは実が沢山生っています。きゅうりは最初は良かったものの今は調子が悪いです。同じかもしれません。

後唐辛子は相変わらず良い感じで茗荷も地下茎で増えています。
レモンはこないだの風で全滅。(TT)来年対策を考えます。。。
| mamarin42 | 2012/08/01 1:33 AM |

>>ちえさん

>>エディ・コクランかブライアン・セッツァーかと

ほほう〜そうきましたか。
って知ったかぶりして言ってみる夏(笑)

知らないことはドキドキハラハラしますけど
だから面白いってことありますよねー。
相変わらずのヘナチョコぶりですが
なんとかがんばりますうー。

>>Naomiシショー

神、後輪!
ちがった降臨!

謹んで修正させていただきます(^^;)
そういえばサノア嬢にもお手をわずらわせてたの巻・・・

根っこすごいっす。パねえっす。
でもペットボトルチームはご臨終な方も出そうです(T_T)
あとあれはバリの神様ですう〜ケチャケチャ

>>naruどん
お伝えしたハウツーの通りに
工作がんばってくれたまえ!
ぼーぼーの根っこがのびのび育ちますようにm(_ _)m

>>mamarin42さん
ええそうなんです、しばらく見ないうちに絵が急速に上達したんです(笑)

キュウリはアップダウンが激しいですよねえ。
うちはちょっと回復してきましたー。
| 赤メガネ | 2012/08/01 9:15 PM |

Naomiさん、すごいー。

我が家のトマトとか、ゴーヤとかも、見て欲しいー。
というか、根詰まりだな・・・我が家も・・・汗;

赤メガネさんところで復活したトマトの白い根に、
わたしも見惚れてしまいました。
よかったですね!!

わたしも養液交換しなくちゃー・・・ぁぁぁぁ・・・
| yaefit1500 | 2012/08/02 12:57 AM |

赤メガネさん、初めまして。
今年水耕栽培デビューしましたあさみと申します。

根を出す必要があるからスリットは大き目にしておく必要があるんですね!

こちらの記事を拝見して、我が家のペットボトル容器も慌てて、追加工作を行いました。
やはり先輩の指導はきちんと守るべきだと反省した次第です(^_^;)

勝手ながら、当ブログにてこちらの記事のリンクを掲載させていただきました。

これからもどうぞよろしくお願いします。
| あさみ | 2012/08/02 3:36 AM |

牛乳が飲みてぇ〜
って最後はRCですか。
年齢バレちゃいますよ。
最近、これを読んで面白かったので紹介します。
虫コナーズのCMのパロディ?というか、フィクションらしいんですが、文章がバツグンにうまい。
HPにキンチョーって入っているのイイ。
http://www.kincho.co.jp/cm/novel/index.html
| きょん | 2012/08/04 2:01 AM |

大変遅くなりまして申し訳ございません!!

>>yaefitさま
水耕栽培は勝手がわからないので日々勉強でございますぅ〜
まあ、単に私がズボラなだけなんですけどね…ブツブツ(^^;)
白い根っこ、その後もびっしりと頼もしく伸びております!

>>あさみさま
初めまして、ようこそおいでませ〜。
私のダメ栽培が、あさみさんのお役に立てるならば
失敗してよかったなと、そのように自分を慰めたいと思いますw
そうなんですよねえ、根っこって思った以上に太くて長いんですよね。
土での栽培だと根っこを見ることがないので
新鮮な驚きだらけです。
お互いがんばりましょー♪

>>きょんさん
お褒めのお言葉、いたみいりますm(_ _)m
キンチョーは細かいところまで芸達者ですね。
挿絵がお気に入りです。
教えていただき、ありがとうございました!
| 赤メガネ | 2012/08/07 6:57 AM |











一番上へ