さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
<< ぶじです。 | main | 五十三日目の野菜 >>
春に追いつけ追い越せで
ごぶさたしております。

もうすぐ地震から1か月。
こちらトキヨは地震直後から電気やら水やらパンやら米やら
いろんなものがなくなって大騒動。

でも「うすうす気づいてたけど、やっぱりなくても案外へいき」
と気づいちゃったりなんかして、
ないことの不安より、たまにあった時のラッキー感を楽しんでるうちに
気づけば9割方落ち着いてきました。

節電効果で目が悪くなり、春の視力検査が不安なのをのぞけば
ぞんがい元気にしている今日この頃、みなさんお元気ですか?

地震後1週間は停電騒ぎでほとんど仕事ができなかったぶん
反動で2週目以降はすさまじい忙しさに襲われまして、
地震以来初めてゆっくりできる週末、ようやくアップできました。

まあ、それ以外に理由もあるんですけどね。
すいませんが今回は長くなります。ご容赦。


ご存じの通り、福島原発は今も予断を許さない状況が続いていて、
これまでも野菜の出荷停止や水問題、放射性物質の飛散など、
さまざまな問題が起こっています。

いろんなこと、心配です。

ベランダで家庭菜園を楽しむ者として
正直なところ、このままシーズンに突入していいものか、
この数週間ずっと悩んでいました。

趣味とはいえ、同じように野菜を作っているひとりとして
福島や茨城や群馬や栃木や東北の野菜は積極的に食べて応援したいし、
いわきで必死にふんばっている、菜園仲間のけんいち隊長のことも
ずっと応援していきたいと思っています。

だけどそう言いながら、
放射性物質の飛散が一番問題になっていた頃
天気予報で雨が降ると聞いて、
ベランダのプランターにビニールをかけている自分がいました。

東北や北関東の野菜を食べるぞ、
福島を応援するぞ、といいながら
ベランダの土にビニールをかけ、
プランターの葉物野菜を食べるべきか逡巡している自分。

おのれの矛盾にひどく混乱し、
今まで通りに栽培を続けている方々のブログを読んで
自分の小ささにひどく落ち込んでしまいました。

だけど、どうしても解せなくて。

放射性物質はごく微量で
「ただちに健康被害が出るものではない」という
何の説得力もない言葉をどう受け入れればいいのか。

土中のセシウムは半減期まで30年かかるというけれど
「土を根こそぎ入れ替えられるプランター」という場所で
野菜を作っている人たちは、どうすればいいの?
土はこのまま使っていいの? それとも新しくしたほうがいいの?

放射性物質をできるだけ早く土から出す方法はないの?
今だからこそ、おすすめの品種はないの?

次から次に疑問がわいてくるのだけど、
どこを調べても家庭菜園での放射性物質の情報は載っていなくて
まるで、何もなかったように進む「やさいの時間」の明るさに
置いてけぼりになっている自分がいました。

「そんなに不安なら、やめればいいじゃん」

そんな声が聞こえてきます。
事実、家庭菜園をやめてしまった人もいます。

でも今は春。
家庭菜園を愛する人にとっては、1年でいちばんワクワクする季節です。
今年は何を植えよう、あの品種にしよう、
前のシーズンはウリ科だったから今年はナス科にしよう、など
考えることはたくさんあって、ウキウキします。

不安なのもホントだけど、
野菜を育てたくてウズウズしている自分もまた、本当です。

だから。
今は、悩んでいる自分のまま、進んでみることにしました。

放射性物質に関することは、何を信じていいのか正直わからなくて
あっちにフラフラ、こっちにフラフラしていますが
とにかく育てながら、野菜と一緒に考えていこうと思います。

地震の後、節電や停電で、街がずっと暗かった。
いつも働いているオフィスでも、照明が半分消されていて
働いている人たちはみんな気丈だったけれど
どことなく沈んだムードがあったことは確かです。

そんな時、あることに気づきました。

以前ちょっと書いたことがありましたが
去年の秋からそこでは、野菜の栽培キットの企画開発をしていて
たまたま実験栽培のためにフロアの窓際で何種類かを育てていました。

ずらりと並んだ小さなポリポットの中には
野菜たちがすくすくと大きくなって実をつけていて
どことなく、まわりの人を励ましていることに気づいたんです。

「いま野菜が育ってるって、なんか、うれしいですね」

前を通るたび、誰かれともなく葉っぱをさわさわ触れていったり
成長に目を細めながら、そうつぶやいていきます。

薄暗いオフィスの中、窓際で太陽の光を浴びる野菜たちは
本当に輝くように青く透き通っていて
なにか、心に染みわたるような力強さがありました。

なんだかんだとうじうじ悩んでいて、
この弱っちい気持ちをどうすればいいのかと思っていましたが
とにかく今は「野菜を自分で育てたい」という気持ちを大事にして
夏野菜のシーズンに突入したいと思います。押忍。

こんなダメベランダーでごめんね。
でも、これからはきちんと記録していく予定です。
当初の計画とはずいぶん違ってきたけれど
今年ならではの栽培計画も考えねばです。
がんばって作業しなくちゃ。

そんなわけで、地震&原発騒ぎで食べる気になれず
結局花が咲きまくってしまった紅菜苔(前)と、
イチゴの根が強くなると聞いて植えたら
すっかりイチゴを押しのけて我が物顔で開花するボリジ(後ろ)。
わが家のベランダで、軽く花見状態。

ぶじ越冬したファラオこと「ツタンカーメンえんどう」。
ようやく開花です。

さあさあ春だ、春だ。
春のはじまりだ。
私も前に進もう。

| 赤メガネ | 春のベランダ | 13:11 | comments(14) | - | - | - |
この道を行けばどうなるものか 
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
 
踏み出せばその一足が道となり 
その一足が道となる 

迷わず行けよ 行けばわかるさ


さぁ、しっかり野菜を育てて
このブログで俺に見せてくれ!!
| 隊長 | 2011/04/09 7:59 PM |

迷いや不安やもろもろ、よーくわかります。
私も同じようにいっとき立ち止まっちゃいました。
でも、花はますます元気に咲くし。
みどりは芽吹くし。
空気が春に染まるなか、植物に励まされまくって、叱咤されまくって。
もー、野菜育てるっきゃないかなって。
サンキュー植物。
そろそろトマト植え付けます!
あとは何にしようかな?
| シャングリラ | 2011/04/09 9:39 PM |

?けんちゃんを励ます為にも頑張りましょう?
| ちえ | 2011/04/09 9:45 PM |

>>隊長どの

イッチニッサン、野菜ダーーーッッッ!!!

>>シャングリラさん
そう言っていただけて、ホッとしました。
私だけなのかなーと、ずっと戸惑っていたので。。。
でもホント、野菜に置いてかれてますよね。
私も急いで追いつかねば、です。

とりあえずトマト苗買ってきました!

>>ちえさん
ハイそうですね、がんばりましょう♪
| 赤メガネ | 2011/04/10 8:16 AM |

私にとって、3.11以前は、
無知と怠慢の時代だった気がしています。
なぁーんにも考えず、流されて暮らしてたなぁ、と。
主人の実家が郡山なんですけどね、恥ずかしながら事故が起きるまでは、原発のことも深く考えた事が無かったの。

東京の暮らしは落ち着きつつあるけれど、3.11の向こう側には戻れない。戻ってはいけない、と思ってます。

と偉そうに言ってみたものの…
隊長さまのコメントの詩もアントニオ猪木さんの詩だと思ってたぐらいの無知ですからねぇ(笑)
おいそれと簡単には変われないけども、
みんなで悩んで右往左往しながら、進んで行きましょうよ (⌒-⌒)

この道の先は、「東京が、緑でいっぱいの穏やかな省エネ都市になる」かもよー!
| Naomi | 2011/04/10 8:22 AM |

>>Naomiさん
私も原発の事故があった時に
「なんで福島に東京電力の施設があるんだろう?」
と思って不思議だったんですよね。
それぐらい何も知らなくて。
でも猪木の詩は知ってます(笑)

東京に生きる身としては、
さしあたって夏までにどう準備するか、
ですよね。めざせ脱ヒートアイランド〜
| 赤メガネ | 2011/04/10 12:28 PM |

私は、福島で農業をやっているいとこから

「今年の夏も、のんちゃんにきゅうり送れるといいだけど」
とメールが来た。

私は、「もちろん!食べるわよー」と言ってましたが
娘には・・・うーん・・うーん・・

| naru | 2011/04/10 12:47 PM |

何もやらなきゃ何も起こらないのですから。
やるっきゃないんですよ。楽しいですよ♪

ボリジくらいの存在感を持って頑張りましょう〜!
エコカーテンも作りましょう〜エコエコ。
| まっく | 2011/04/10 7:56 PM |

松崎市長と森田健作知事がもめてて選挙も無かった浦安市は被災地で大変でした。東京のお隣なのに色々ありましたね。

お水も東京より酷くて大丈夫とは言うものの怖くて水道水が飲めない状態でした。
今日やっとヨウ素が10ベクレルを切った感じです。

おかげでミネラルウォーターでご飯を炊くと美味しい!ときがつきました。汗
水の買占めはご法度でしたがネットの業務用ショップでは2ケース買いが当たり前なのでそれを利用したり北海道の友達に頼んで水を送ってもらいました。

今までとは違う感覚で水を捉えてしまいます。また水の節約は上手になりましたね。

だけど何処のレタスを食べたらよいのか悩んでいます。

大丈夫だというけど何を食べればよいのか判断が難しいです。


一番良いのは家の木を全部切り倒してひまわりを数年植えてその後植樹すれば放射能の影響が少ないのでしょうね。

でもそんな事は出来ない。家になるレモンや桑の実今年は食べるのは止めようかなぁ。。。とか考えてしまう。
| mamarin42 | 2011/04/11 1:02 AM |

>>naruさん
やはり「自分たちはOKだけど子供たちには…」
というのがほとんどの人の意見みたいですね。
この状況だから、それでいいのではないかなあ。

1日も早く、家族で楽しく外出できますように(笑)

>>まっくさん
エコカーテンは死活問題ですもの!
この夏、東京がどうなるかと今からドキドキしております。。。
どっかに避暑れないものか。。。

>>mamarin42さん
まだまだ心配が続きますね。
そんな浦安で「選挙しろ」という人たちに
「あんたたち正気?」と思ってしまいましたよ。
東京ですら、延期にすればいいのにと思ってたのに。

いろいろ悩みますね。
うちもシークワーサーの木はどうしたものか、
と思っていますが、たぶん我慢しきれず食べる気がするなあ。

不安はいっぱいなのに、
目の前においしそうな野菜が育ってると
理性がぶっとびます(笑)
| 赤メガネ | 2011/04/12 7:21 AM |

名古屋に住んでさえ、
雨水を貯めたバケツの水を、使って良いかしら?と考えています。
つくしを摘んで食べるとき、食べていいかしら?と考えています。
自転車通勤しながら、マスクした方がいいかしら?と考えています。

結局、使ってるし、食べてるし、マスクしてないんですが。

なにをどこまでどうやって心配すればいいのか、
流れてくる様々な情報を、自分のアタマでどう解析して良いかわからず。

そもそも、一微たりとも漏れてはいけなかったはずの放射能。
それが、いつの間にか、このくらいなら大丈夫、いやまだ大丈夫、
ほんとに大丈夫?とか言ってるわけで。

とか言いながら、目をハートにしながら野菜の苗を買い揃え、
ベランダ栽培を再開しようとしている自分に、矛盾を感じています。

それでも春はやってきて、暖かくなって、優しい色で満ち溢れて、
そうしてだんだん眠くなる。

・・・あぁ、キュウリの植え替えしなきゃ。でも、ねもい・・・

・・・もうホント、脳みそがオーバーフローしてます・・・苦笑;
| yaefit1500] | 2011/04/16 3:46 PM |

>>yaefitさん
本当にそのとおりですよねえ。。。
でも皆さん同じような気持ちだとわかって
正直ホッとしました。

いろいろ悩むことはありますが、
野菜が日に日に成長するのを見ていると
それだけでなんだか元気が出るから不思議です。
これもひとつの園芸療法というやつでしょうか?
| 赤メガネ | 2011/04/18 6:34 AM |

業務連絡でございます。

緑のカーテンの記事を書きまして、
その中で、赤メガネさんちの去年のベランダの様子を、記事のキャプチャー画像と共に紹介させていただきました。事後報告でスミマセン (^-^;

問題がございましたら、ご連絡くださいませねー。

…ギャラとか必要っすか?(笑)
| Naomi | 2011/04/23 11:24 AM |

>>Naomiさん
出してもらえるもんなら、ぜひ(笑)

ご紹介ありがとうございますっ。
時間なくてコメできませんでした〜。

今年も例年以上のミックスカーテンで行きますよお〜
| 赤メガネ | 2011/04/25 10:48 PM |











一番上へ