さみしい女は野菜を植える 

〜たたみ2畳のベランダファーマー〜
<< ズッキーニ・クッキング | main | ほふく前身ちゃくちゃくと >>
もの食う人々〜はじめ人間ギャートルズ
前回のズッキーニ菜クッキングは大失敗でしたが、
あの後、ハタと考えた。

セロリやフキに似た感じなら、
もしかしてフキと同じ下ごしらえをしたらば
おいしく食べられるのではないか?

もともと大きく育てる用にスペースをとっていないせいか
最近の豪雨でズッキーニはポキポキと勝手に折れています。

・・・

どうせ枯れてゆく身ならば・・・

・・・・

実験台になっていただきましょう♪

というわけで、
フキの下ごしらえ
を参考に、
全く同じ方法でやってみました。

茎に塩をまぶし、まな板の上でゴシゴシと転がす「板ずり」。
その後、熱湯で5分ほど煮てアクを出し、
冷水にひたしてしめてから筋と薄皮をとる。

なるほど、生のままの時よりも筋がとりやすく
薄皮も面白いほどよくとれる。

ふいに小さい頃、田舎のばあちゃんがフキをとってきて
下ごしらえを手伝わされた記憶が突然よみがえってきました。

するとどうでしょう。
なんと美しい。。。

それでなくても空洞で美しい透け感があるズッキーニ茎ですが
ゆがいて筋をとった後の、絵に描いたようなストライプ。
しばし、灯にすかせてうっとりと楽しみました。。。

こうなったら、フキよろしくトコトン“和風”でいきましょう。
というわけで、細かく刻んでおひたしにしてみました。
これで1本分の茎と葉っぱです。

ここにかつぶし投入、醤油をかけていただきます。




うまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいときめき

やっぱりコレはアレですね、
野沢菜みたいに細かく刻んで
シャクシャクした歯ざわりを楽しむ漬け物がベストですね。

これでもまだかたいので、みじんぎりがいいです。
あと、葉っぱはやめたほうがいいですね(笑)

今度はズッキーニの実と一緒に
ラタトゥイユの具にしてみよう。

こうやってみると、なんだか自分が原始人になった気分です。
昔はこうして、おそるおそる食べながら
どうすればおいしいのか、体にききながら
トライ&エラーをくりかえしてきたんでしょうね。

ギリシャの人も、よくこの茎と葉を食べようと思ったよなあ〜。

そう言えば、トマトは昔「悪魔の実」として
おそれられていたという話を聞いたことがあります。

昔は今みたいに赤い食べ物はなかったですから
「赤い色には毒がある」として
ヨーロッパでは200年も食べずに観賞用として栽培していたらしい。

食用され、パスタ素材の定番になったのは18世紀以降だと
パスタメーカーの人から聞いたことを思い出しました。

最初はみんな、こうしてドキドキしながら食べたんだろうなあ〜
と思うと、なんだか興奮しますわ。

そんなこんなで、ゴーヤの実が少しずつ大きくなってきました。

こんなゴツゴツのゴーヤを、沖縄の人もよく食べようと思ったよね?
何も知らない状態だと、これを口に入れようと決心するのは
かなり勇気いると思う。
(見てくれで言えば、けっこう簡単に死にそう)

・・・・・まてよ、

ゴーヤの葉っぱもけっこう大きいよなあ

もっさりなるし、
もしもアレを食用できたら
天ぷらとか〜漬け物とか〜


ハッ


このままいくと
私は岡本信人になってしまいそうで
自分で自分がこわい今日この頃。
(同じ山口ケンミンだし)
| 赤メガネ | ホームメイド家族フード | 00:02 | comments(7) | - | - | - |
とりあえず,ナマコを初めて食べた人には賞状を送りたいです。
あの見た目のものを食べようと思うか,普通?
ちなみに私は食べたことありません,ナマコ。

でもほんとに,今,私たちがふつうに食しているものでも
美味しく食べられるようになるまでには
さまざまな紆余曲折があったんだろうなぁ,
と先人たちの苦労に思いをはせてみたりします。

赤メガネさんも岡本信人めざしてがんばってください。
| だてまきよ。 | 2009/06/23 1:23 PM |

ふき調理法の成功おめでとうございます♪
下ごしらえが如何に大事なのか分かりました!
ブリの血合いが食べれなかった頃が懐かしいです…

またゴーヤの葉は香りがちょっと独特ですが、
美味しく食べれる方法があったら是非紹介してください♪
| まっく | 2009/06/23 11:50 PM |

お久しぶりのしっし〜です。

沖縄でも『ゴーヤーの葉を料理!!』というのは聞いたことありませんが、、、(><)
葉っぱを煎じてお茶に!とかはどんなですか!?

あと私は種を『しお・こしょうしてゴマ油でカリッカリ』に炒めてツマミにします!

| しっし〜 | 2009/06/24 9:36 PM |

さすが山口県人!

最初に河豚を食べた人は毒にやられなかったのでしょうか?

それを思えばズッキーニの茎は大丈夫。赤めがねさんその遺伝子を受け継いでるね。(笑)



| mamarin42 | 2009/06/25 12:15 PM |

>>だてまきよ。さん
めざせ、のぶと!赤メガネです。
なまこ食べようという発想にリスペクトですね。
ウニも最初は勇気いったのかも。。。
とか思い始めると面白いですね、食べ物って。

>>まっくさん
血合いは、私も魚苦手だった頃の遠因ですねえ。
下ごしらえ次第で味って全然違うんだなって
シンプルなことを今更感じる次第です。

>>しっし〜さん
そうかあ、ウチナンチュでも食べないんですかあ。。。
じゃあきっと加工しないとおいしくないんでしょうね(^^;)
種をカリカリに・・・この夏ぜったい試してみます!

>>mamarin42さん
フグは命がけですもんねえ。。。
やっぱ海ものでは漁師さんが自ら味わうのかなあ。
山口ケンミンは新しもの好きなのかも(^^;)
| 赤メガネ | 2009/06/25 10:57 PM |

こんにちは♪
フフ、岡本信人にふき出してしまいました! (≧∇≦)

おひたしにしたズッキーニ、ほんと野沢菜みたいですね〜
美味しそう!
私も先日、食べたことがないゴボウの葉を食べてみました。
一応毒がないかだけ検索して。
自分で育ててると、無駄なく食べてあげたいって思ってしまいますよね。
ゴーヤの葉は、やはり天ぷらにしたら美味しいと聞いたことがあります。
うちも育てていますが、葉がきたないので、まだ食べたことがないんですが・・・
今年は綺麗なうちに間引いて、揚げてみようと思ってます。
| ビスコロ | 2009/06/26 11:39 AM |

>>ビスコロさん
お返事遅くなってごめんなさい!
ゴボウの葉ですかあ〜ゴーヤの葉ね〜
やっぱり同じことを考えている人がいるんだと
かなり安心しました(笑)
ゴボウの葉はお目にかかったことないんですが
どうですか、どんな味ですか?
ゴーヤの葉てんぷら、機会があればぜひ夏のうちに
試してみようと思います。
情報ありがとうございました!
| 赤メガネ | 2009/06/28 9:44 PM |











一番上へ